別 名 木瓜城
所在地 埼玉県深谷市仲町
築城者 上杉房憲
築城年 康正2年(1456)
廃城年 寛永3年(1626)
現 状 深谷城址公園・深谷小学校
遺 構 土塁・水堀
移築建造物
再建建造物 石垣・土塀
史跡指定 埼玉県指定旧跡
評 価
 庁鼻和城に代わり康正2年(1456)に上杉房憲が深谷城を築き深谷上杉氏代々の居城となった。天正元年(1573)に上杉憲盛は北条氏に降伏し翌年には上杉謙信に攻められ城下町が焼き払われている。天正18年(1590)に豊臣秀吉が北条征伐を発令すると上杉氏憲は小田原城の加勢に向かい留守を守る秋元長朝は豊臣軍を相手に徹底抗戦することなく開城した。北条氏に代わり関東へ入った徳川家康は松平康直を1万石で深谷城に配置し、寛永3年(1626)に酒井忠勝が忍城へ転封となり深谷城は廃城となった。
二の丸跡 深谷城址公園 東曲輪の水堀跡
西曲輪跡の土塁 西曲輪跡の土塁 伝上杉憲賢夫妻の墓
 深谷上杉氏の居城として室町時代に栄耀栄華を誇った深谷城だが遺構はほとんど失われている。東曲輪に城址公園が建設されて名前だけを残しているのが罪滅ぼし的な慰めである。近世城郭風の白塗りに鉄砲狭間を設けた塀が存在しなかった石垣に乗っかっている。
 深谷の市街地に少しだけ遺構が残っているが、それらを繋ぎ合わせても往時の様子を知るのは困難になっている。東曲輪に建つ富士浅間神社に水堀跡があるが水が張られていないため堀というよりも散策路となっている。高校生のときはここだけ見て立ち去っている。それから何度か訪れているが街中に残る管領稲荷と高台院に残る土塁は立派なものだった。あまり知られていない遺構だが巨大な土塁は少しだけ深谷城の規模を教えてくれた。
JR高崎線「深谷」下車 徒歩15分
日本城郭大系/新人物往来社・埼玉の古城址/有峰書店新社
1986/03/18・2007/04/14・2010/04/11