別 名 割谷城
所在地 埼玉県比企郡小川町青山
築城者 青木氏宗
築城年 鎌倉時代
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山林
遺 構 郭・石積・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 小川町指定史跡
評 価
 青山城は伝承によると藤原氏の後裔青木氏が築いた城という。戦国時代になると松山城の支城として上田氏配下の兵が配置されたとされる。位置的に考えてもそれは間違いないと思われ、腰越城や小倉城とともに松山城の防衛線を構築していたのだろう。具体的な城主の名前までは伝わらないが松山城と鉢形城の間にあって重要な位置を占めている。
青山城 三の郭跡の堀切 腰郭
二の郭跡の堀切と土橋 二の郭跡の堀切 主郭跡の堀切
主郭跡 主郭跡の土塁 主郭跡の石積み
 近世城郭ばかりを廻っていた僕がはじめて訪れた中世山城が青山城だった。それまでは見学路に沿って歩けば遺構を見ることができる城ばかりだったが、中世の城はそうもいかず図面を手にしながら自分の居場所を照らし合わせつつ歩いたものだった。山城は訪れる以前に場所の特定が難しい。城跡の表記があるのは有名な城ぐらいで名も知られぬ山城は5万分の1の地図で見当をつけて登るしかない。インターネットのない時代はおそらくみんなそういった経験をしていたと思う。それは楽しい時間でもあった。
 最初の訪問から20年ほどの時が過ぎて再び青山城を訪ねた。フイルムではなくデジタルの時代になっていた。主郭には案内板が建っていた。あまりにも時間が経ち過ぎて以前のことは忘れていたが、三の郭にある岩盤を削った堀切だけは覚えていた。改めて見ると遺構は完全な状態で残存している。腰郭がこんなに美しかったのかと思った。青山城で始まった中世の山城探訪にどっぷりはまっている自分にとっては原点とも言える城であり、これから先もまた登る機会があると思う。
JR八高線・東武東上線「小川町」下車 町営バス「明覚」行で「愛宕公園下」下車 徒歩45分
日本城郭大系/新人物往来社・秩父路の古城址/有峰書店新社
2008/02/08・2011/11/21