別 名 宮前城
所在地 埼玉県比企郡滑川町羽尾
築城者 山崎若狭守
築城年 戦国時代
廃城年 天正18年(1590)
現 状 宅地・農地
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 松山城の上田氏に仕えた武士の中に羽尾七騎と呼ばれた小さな土豪の集合体がいた。その一人が羽尾城主となった山崎若狭守である。案内板によれば天正18年(1590)に攻め寄せた前田利家と上杉景勝の大軍を相手に籠城し奮戦した末に羽尾城は落城したとある。とても信じられない話だが地元の伝承として載せておく。羽尾七騎の末裔は今も健在でありその屋敷は子孫の邸宅として続いている。
土塁と標柱 二重土塁 土塁
土塁 土塁 主郭跡
 羽尾城にはずいぶんと訪れている。駅から近く森林公園へ続くサイクリングコースの途中にあるので訪れやすい。小学校の頃からよく訪れていた森林公園だが最近は寂れつつある。森林公園駅構内と街のあちこちにあった貸し自転車屋は閉鎖され駅前には店などもなく閑散としている。交通手段の主役は車へと移り変わり楽しかった思い出も少しずつ風化していく。
 はじめて訪れたときの羽尾城跡は一面の雑木林で城跡を示す目標物何もなかったが、今は木が伐採されて標柱が設置されていた。すっきりして見やすくなったのはいいが伐採するときに土塁の土も削り取られたようで以前より低くなったように思う。遺構のよく残る部分は北西に偏り北東は相変わらずの藪だった。
東武東上線「森林公園」下車 徒歩20分
日本城郭大系/新人物往来社・埼玉の古城址/有峰書店新社
2002/11/15・2009/03/19・2013/01/25