別 名 喜多院構
所在地 埼玉県川越市小仙波町
築城者
築城年
廃城年
現 状 喜多院
遺 構 土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 喜多院の境内が小仙波堀ノ内とされておりその名称から武士の居館を連想させるが歴史はわからない。喜多院は平安時代に創建された古刹で武士が居館を構えるような期間はなかっただろうから河越夜戦の前後に城郭化され近世には川越城の出城としてこのような姿になったものと思う。言わば城郭伽藍といったものであるが喜多院の案内板などを見てもそういった事柄については触れられてはいなかった。
喜多院 空堀 土塁と空堀
慈眼堂 仙波東照宮 松平大和守廟所
 小江戸川越は自宅から近いこともあり数限りなく訪れている。川越城まで散歩することもあれば食事だけして帰ることもあり訪れる理由は様々である。そのため喜多院にも立ち寄ることが多いが普段なら平日でも外国人観光客だらけで古刹の雰囲気を楽しむということは長らくできなかったが、令和2年に世界中を襲っている武漢ウイルス騒ぎで境内を散策している人はまばらだった。ひと昔前ならごく当たり前の日常の光景だったが今の日本ではまったく見られなくなってしまって久しい。怪我の功名と言っては罰が当たるかもしれないが久しぶりに静かな街角散策ができたと思う。
 どろぼう橋が架かる空堀はとても見事なものであり喜多院の周囲を囲む大規模な空堀は近世城郭のそれと比較しても遜色がない。堀の内側には土塁が盛られており仙波東照宮なども独立した郭のようになっている。東照宮の目の前にある休憩所に喜多院のイラストが貼ってあったが城郭の縄張りとほとんど変わらない姿だった。遺構だけで見れば本丸御殿と一部の土塁と空堀しか残っていない川越城よりもずっと見応えを感じる。
西武新宿線「本川越」下車 徒歩10分
日本城郭大系/新人物往来社
2006/01/04・2020/03/17