別 名 児泉城
所在地 埼玉県所沢市山口
築城者 山口家継
築城年 平安時代末期
廃城年 天正18年(1590)
現 状 サンキ所沢店
遺 構 土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 埼玉県指定旧跡
評 価
 村山党山口氏の居城であり平安時代末期の築城というので所沢市内にある城館の中でも古い歴史を持っている。武州平一揆に参戦した山口高清は鎌倉公方が差し向けた軍勢に敗れ山口城は落城している。山口氏は南朝の援けを得て反抗を続けたが、山口高忠のときに山内上杉氏に従い戦国時代には北条氏に従っている。この頃はもう勝楽寺の龍谷城に居城を移している。
城址碑 土塁 土塁
土塁 土塁 土塁
 昭和の終わり頃に訪れた山口城は雑草と雑木にい覆われていた。街角に石碑が建ってはいたが訪れる人もなく城跡は荒れ果てていた。その時すでに遺構の大半は失われており、城跡の中央を道路が縦横に貫き南側を西武鉄道の線路が横切っているために城のかたちはまったくわからなくなっていた。
 久しぶりに訪れた山口城は商業施設が建設され風景は一変していた。埼玉県指定旧跡の名が泣く状態だったが残存していた土塁は保存されている。町の発展を考えると鉄道と道路の敷設は仕方がないと思うが、もう少し早く保存の手立てが講じられなかったかと残念に思う。所沢市内には遺構を残す城館がいくつかあるが、滝ノ城ですら保存に伴う整備が始まったのは最近のことであり、龍谷城に至っては完全な状態で残るのに立ち入ることすらできない。山口城は見学は可能であるものの時既に遅しといった感が拭えない。
西武狭山線「下山口」下車 徒歩10分
埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
2003/08/22・2018/07/01