別 名 石橋城
所在地 埼玉県東松山市石橋
築城者 斧沢修理大夫
築城年 室町時代
廃城年
現 状 宅地・農地
遺 構 郭・土塁・空堀・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 埼玉県指定史跡
評 価
 青鳥城の明確な歴史はわかっていないが平安時代の藤原恒儀や室町時代の斧沢修理大夫の築城という伝承が残り、また寿永2年(1183)には源頼朝が在陣したという。室町時代には扇谷上杉定正やその家宰である太田道灌も青鳥城に滞陣しており古くから軍馬がこの城で駐屯したと見られる。天正18年(1590)には北条氏の支城を攻め落としつつ関東を進軍した前田利家の軍勢が石橋の古城に陣取ったとあり青鳥城がやはり軍勢の駐屯地として使用されたことが裏付けられている。
外曲輪跡 外曲輪跡の土塁 二の郭跡の虎御石
二の郭跡の水堀 二の郭跡の土塁 二の郭跡の土塁と空堀
主郭跡 主郭跡の土塁 主郭跡の空堀
 青鳥城は広大な面積を誇り遺構もよく残っている。少し陰鬱な雰囲気を感じさせる城で首切り場という地名や堀底にカラスの死骸があったりと荒れ果てた印象を受ける。西に隣接する養鶏場の悪臭もこの城の印象を悪くしている要因だと思う。堀底には伐採した樹木が置かれて意図的に歩きづらくされているが所有者が見学者を好意的に捉えていないように思った。
 道沿いから緩やかな坂を登ると直接主郭へと入れる。主郭は農地となっているが周囲を巨大な土塁が囲んでいる。ここも見応えがあったが印象に残っているのは二の郭に残る土塁と空堀だった。規模が大きく見上げるような土塁は圧倒される思いがした。西の首切り場付近は大手であり寸断された土塁の断面を見ることができた。おため池は二の郭の水堀で虎御石と名づけられた巨大な石塔婆が保存されている。
東武東上線「森林公園」下車 徒歩30分
日本城郭大系/新人物往来社・関東の名城を歩く/吉川弘文館
2006/03/17・2013/01/25