別 名
所在地 埼玉県入間郡越生町越生
築城者 越生有行
築城年 平安時代末期
廃城年
現 状 越生神社
遺 構 土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 小代遠広の弟越生新大夫有行が越生氏の祖である。子の越生右馬允有弘は文治5年(1189)に源頼朝の奥州征伐に従軍した功で越生郷の地頭に任じられている。南北朝時代には越生四郎左衛門尉が高師直の軍勢に加わり南朝の北畠顕家を討ち取る活躍を見せている。室町時代になると越生氏は扇谷上杉氏の家宰太田道灌の隆盛に追いやられるように没落していった。
法恩寺 越生神社 越生絹会館
 越生町は児玉党の居館跡がひしめくように点在しているので面白かった。はじめて訪れたときは春だったが越生駅前で携帯電話の電波が届かないほどだったことをよく覚えている。水の街といった雰囲気で町内を清らかな川が流れていて街並みも静かで落ち着く感じがした。2度目の訪問は雪がちらつく冬の日だった。そんな日に児玉党の彼らの居館跡を訪ね歩いてみた。
 越生氏の居館跡はいくつか比定地がある。以前に館跡の標柱があった越生絹会館は昭和5年に建てられた大正時代の香りを残すような瀟洒な建物だったが老朽化を理由に取り壊されてしまった。真新しい建物が建てられたときに館跡の標柱も撤去されてしまったという。法恩寺もまた候補地に挙げられる。寺の案内板には越生氏一族の倉田孫四郎基行が出家して荒廃した法恩寺の再興を願い出たということが記されていた。いちばん雰囲気を感じさせたのは越生神社であり境内の案内板には居館が置かれていたということが記されている。土塁らしい盛り土も残されており要害である高取山城への入口にもあたる。高台から集落を見下ろせる開発領主の居館に相応しい景観だと感じた。
東武越生線・JR八高線「越生」下車 徒歩10分
埼玉の古城址/有峰書店新社・武蔵武士/有峰書店新社・越生神社案内板・法恩寺案内板
2005/05/01・2010/02/17