別 名 南畑城
所在地 埼玉県富士見市下南畑
築城者 難波田高範
築城年 鎌倉時代
廃城年 天正18年(1590)
現 状 難波田城公園
遺 構 郭・土塁・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 埼玉県指定旧跡
評 価
 難波田氏の居城として鎌倉時代に築かれたとされる難波田城だが子孫は戦国時代まで生き残っている。扇谷上杉氏の重臣として活躍した難波田弾正憲重は松山城で北条氏と戦ったときに敵方の山中主膳と和歌のやりとりをしたという松山城風流合戦の逸話でも知られる文武両道の武将だった。天文16年(1546)の河越城の戦いで難波田一族の多くが討死し難波田城は岩槻太田氏の支配を経て北条氏の重臣で松山城を預かっていた上田氏の所領となり北条氏の滅亡とともに廃城となった。
城址碑 大手跡 水塚
三の郭跡 二の郭跡 主郭跡の土塁
 難波田城は電車とバスを利用する身には不便な場所にある。往路はバスで近くまで訪れたが復路はふじみ野市役所まで歩いてバスに乗った。低湿地に築かれた城であるために早くから堀は埋められ土塁も崩されたようで明治時代の迅速測図でも城のかたちは残っていない。城跡公園として整備されているのは難波田城の3分の1程度だが箱庭のように美しく整備されている反面で城跡らしさは失われている。
 季節を問わず楽しめるし歩きやすいのはありがたいがもう少し中世の城らしさはないかと周辺を歩いてみた。よく見ると水田から嵩上げされた地形を随所に見ることができる。後世の水害対策によるものだろうが郭の名残を残す場所も随所に見られる。主郭に建つ民家に残る巨大な土塁は見応えがあり二の郭の社がある場所も城の名残りを残している。
東武東上線「志木」下車 東武バス「富士見高校」行で「興禅寺入口」下車 徒歩10分
日本城郭大系/新人物往来社・埼玉の古城址/有峰書店新社・難波田城資料館パンフレット
2002/03/17・2012/11/09