別 名 城山砦・上杉城
所在地 埼玉県狭山市柏原
築城者 山内上杉憲政
築城年 天文12年(1543)
廃城年 山林
現 状 郭・土塁・空堀
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定 狭山市指定史跡
評 価
 鎌倉時代に柏原太郎という豪族がいたというが柏原城との関係はわからない。鎌倉時代の居館とは形態が違うように思えるので通説通り山内上杉氏と北条氏が争ったときに築かれた城とするのが適切だと思う。川越市周辺には歴史がわからない城館がいくつもあるが鎌倉街道沿いに点在しているところを見ると室町時代に続いた関東の争乱期にその役割を果たした城なのだろうと思う。柏原城も小さな城だが土塁と堀の規模は目を見張るものがあった。最寄り駅の新狭山駅の北東に小さな公園があり三ツ木原古戦場の碑が建っている。天文6年(1537)に河越城へ攻め寄せた北条氏綱が着陣した地であり河越城から打って出た上杉朝定と激戦が展開された場所でもある。古くは新田義貞が鎌倉攻めで進軍したときと永享12年(1440)に上杉顕定と結城満朝が三ツ木原で戦っている。それだけ重要な場所ということから柏原城もその原型は室町時代のはじめにはできていたのかもしれない。
柏原城 外曲輪の土塁 二の郭跡
二の郭跡の土塁 二の郭跡の土橋 主郭跡の空堀
主郭跡の土塁 主郭跡 三ツ木原古戦場の碑
 柏原城は自宅からも近いこともあり何度か訪れている。新狭山駅から入間川を渡ると柏原ニュータウンが広がる。その奥に見える崖沿いに城は築かれている。住宅街を通り抜けると城山砦の案内板があるが確かに城というより砦と呼ぶほうが似つかわしい。
 はじめて柏原城を訪ねたときは堀底にごみが散乱していた。粗大ごみ捨てられているのを見て辟易したものだが、それから何度か訪れたときにはごみはなく美しいな姿を見せてくれた。何度も小さな城と言っているが土塁と空堀の規模はけっこうなもので特に主郭の虎口を守る土塁は画像でもわかるようにかなり規模が大きい。全体的にまとまりの良い城で道標と案内板も設置され気持ちの良い城だと思う。
西武新宿線「狭山市」下車 西武バス「西武柏原ニュータウン」行で「柏原東」下車 徒歩10分
日本城郭大系/新人物往来社
2008/03/01・2017/01/15