別 名 龍崖山城
所在地 埼玉県飯能市大河原
築城者 大河原氏
築城年 室町時代
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 大河原氏の詰め城と考えられているが、麓の八耳堂も大河原氏ゆかりの堂宇のようなので間違ってはいないと思う。付近には堂平館と殿屋敷といった大河原氏の居館跡と伝わる場所があるが、大河原城の中腹にある平場も殿屋敷と呼ばれている。確かに小屋掛けができるぐらいの広さを有する郭であり削り残しの土塁も残されている。
大河原城 軍太利神社 殿屋敷
主郭跡 南尾根の堀切 曲輪跡
西尾根の堀切 北尾根の堀切 大河原城からの眺望
 はじめて大河原城に訪れたのは20代半ばで夏の日だった。藪がひどく蜘蛛の巣に阻まれてあきらめている。傾斜も急で滑りやすく真冬でも落ち葉があるため登りづらい。最近は里山として整備され登りやすくなったが急傾斜は相変わらずでロープが張られている。山頂の木が伐採されてとてもすっきりとしたが伐採された木が北尾根の堀切に捨てられたために見どころがひとつ減った。
 大河原城は自分にとっては忘れることのできない山城のひとつである。埼玉の古城址という本を手にしてから収録されている埼玉県内の中世城郭を片っ端から訪れる日々があった。当時は情報量も今のように豊富ではなく山城などは何度も訪れて探し出すという作業の連続だった。大河原城は神社の案内板に多少触れられているおかげですぐに場所の特定ができたが、そんなときの嬉しさは今も変わらない。自分に山城探訪の楽しさを手ほどきしてくれた城でありとても印象深い。山頂からの眺望は今も美しいが大河原城の南は宅地開発が始まり秘境のような雰囲気は失われている。飯能は訪れやすいわりに冒険心を掻き立ててくれる場所が多かったが少しずつありきたりの街へ変貌しつつあるのが残念に思う。
西武池袋線「飯能」下車 西武バス「西武飯能日高」行で「岩根橋」下車 徒歩40分
埼玉の古城址/有峰書店新社
2008/02/19・2015/02/19・2020/10/12