別 名
所在地 埼玉県飯能市小瀬戸
築城者 岡部氏
築城年
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 飯能第二小学校の裏山は殿山と呼ばれ岡部小右衛門忠正の詰め城があったと伝わる。この岡部氏は源平争乱お時代に活躍した岡部六弥太忠澄を輩出した猪俣党岡部氏の末裔である。飯能の山間部には岡部氏ゆかりの城館や寺院が多く残されている。
小瀬戸城 堀切 主郭跡
城内の社 帯曲輪 入間川
 飯能市は自宅から近いこともあって一時期は足繁く通ったものだった。飯能駅周辺にまとまった平地が広がる他はほとんどが山である。入間川と高麗川の清流に沿ってぽつんぽつんと集落が形成されているぐらいで今も昔と変わらない山村の風景が残っている。最近になって山を切り崩し宅地開発が行われて少しずつ美しい風景が消えようとしているのが残念に思う。
 飯能駅からバスに揺られて飯能第二小学校の停留所で降りる。山というよりも丘ぐらいの高さであり小学校の裏へ続く道から山へ入れば5分もかからずに城跡へ着くので拍子抜けしたものだった。木々が聳えているので高く見えるだけで実際の比高差はかなり低い。小さな郭には土塁すら盛られていないが城の規模には不釣り合いなほどの巨大な堀切が横たわっている。正直言って見どころはこの堀切ぐらいだが飯能市内の城跡でも最大級と言っていいほどの見事な堀切だった。
西武池袋線「飯能」下車 国際興業バス「名郷」行で「飯能第二小学校」下車 徒歩10分
武蔵武士/まつやま書房
2008/02/19・2014/12/26