別 名 りゅうがい山城
所在地 埼玉県飯能市坂石町分
築城者 岡部氏
築城年 室町時代
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 猪俣党岡部氏の末裔は現在の飯能市を領有していた。市内には岡部氏の城館とされる場所がいくつかあるが、遅くとも南北朝時代に岡部氏は故郷の岡部郷を離れて飯能へ移住していたらしい。
吾野龍崖山城 吾野宿 中屋敷跡
岡部屋敷跡 腰曲輪 堀切
二の郭跡 堀切 主郭跡
 吾野駅の南にある大入道のような山が龍崖山城である。標高356mだが相当に手強い山城だった。吾野駅から麓まではそれほど遠くなく山道を登る時間は30分程度である。歴史はわからないが麓に中屋敷があり中腹には広々とした岡部屋敷があるのでその詰め城ということになるのだろう。
 尾根を歩いていると谷筋に二頭のシカがいることに気づいた。僕に気づくと慌てて逃げていったが、この山は人の暮らしとは別世界という雰囲気があり登る人も途絶えているようだった。山頂に近づいたところで獣の臭いを感じたが山頂は目の前なので気にせず登った。主郭へ着いて少し休憩をしてから二の郭へ下りた瞬間にツキノワグマと遭遇した。お互いの距離があれば落ち着いて行動もできるが、僕は目が悪いので近づくまで気づかず鉢合わせだった。クマも僕も脱兎の如く逃げ出したのだが、幸い正反対尾方向へ逃げたのでその後の遭遇はなかった。山の反対側へ下ってしまったので下山が大変だった。やっとの思いで麓までたどり着いたのは西武線の線路際だった。ここを横切るわけにもいかず再び森の中を彷徨し採石工場を経て道へ出た。
 全身は土まみれであちこちに擦り傷ができていた。足はまだガクガクと震えており喉がカラカラに渇いていた。近くに吾野の清水が湧き出ていたので貪るように水を飲み頭からも浴びた。3年後に再訪したがこのときはクマに出会うこともなく前回見られなかった場所までじっくりと見ている。
西武秩父線「吾野」下車 徒歩45分
Webサイト/城跡ほっつき歩き
2014/05/20・2017/03/22