別 名
所在地 埼玉県飯能市南川
築城者
築城年
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 本陣山城は正確に言うと本陣山から派生する北尾根の先端を利用して築かれている。どの勢力が築いたのかはわからないが本陣山という名前からも古くから武将が陣取ったという言い伝えが細々と残されていたように思える。伝承がありながら未だに所在地が確定していない吾那蜆城の候補のひとつに入れたいほど遺構は明確だった。
本陣山城 堀切 二の郭跡
堀切 堀切 主郭跡
主郭跡の土塁 三の郭跡 北尾根先端の曲輪跡
 飯能市内にある山城のほとんどは伝承が残っていない。それなのに遺構がとてもよく残っている城が多い。小規模な城が多いのも特徴であり大勢力ではない土豪や村人の城という雰囲気を伝えている。飯能市の城館調査が大きく遅れていることもあり最近になっても未発見の山城が見つけられている。
 城跡へ続く明確な道はないので介護施設の裏から直登している。比高差が少ないので尾根へ取りつくのは容易だった。尾根へ出てしまえば特に遮るものもなく快適に歩ける。枝分かれする尾根の入口に堀切を入れ二の郭の手前と主郭の奥にも堀切が入る。三の郭の先は急な崖となり高麗川へと落ちていた。郭の上を歩いているときに黒い塊が動くのが見えた。猿や鹿ではないし木に隠れてこちらを窺う様は猪でもなさそうなので熊ではないかと思うが、こちらは上に位置しており拾った木切れを叩いて威嚇すると逃げていった。ちょっとしたスリルを感じたが本陣山城へ登る場合は多少の要心が必要である。小さいながらも山城の要素を十分に取り入れた城で楽しい時間だった。
西武秩父線「西吾野」下車 徒歩40分
Webサイト/城逢人
2016/01/07