別 名
所在地 埼玉県飯能市吾野
築城者
築城年
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 飯能市はあまり中世城郭の研究が進んでいないためか、数多くの城がありながら歴史が解明されているものが少ない。吉田山城もやはり歴史が不明の山城であるが、秩父御嶽神社を岡部氏が再建していることから、岡部氏の手による築城という可能性がある。実際に飯能市内に残る岡部氏ゆかりの山城をいくつか見ているが、共通しているのは巨大な堀切に土橋を架けていることである。それをそのまま岡部氏の築城様式に当てはめるのは早計だが、狭隘な曲輪に不釣り合いな大きな堀切が岡部氏の城では共通している。
吉田山城 戦艦三笠の装甲板 主郭跡の堀切と土橋
主郭跡 堀切 吉田山城からの眺望
 飯能市内に眠ったままの山城が数多くある。いずれも小規模だが歴然と遺構が残るのに土地には伝承が残らない城が多い。吉田山城も同じで昭和の時代には確認されていなかった山城である。こういった城が多くあるので飯能市にはある時期に足繁く通っていた。
 吾野駅から秩父御嶽神社までは距離があった。秩父に近い山奥の神社になぜか日本海海戦で名を馳せた戦艦三笠の被弾した装甲板と東郷平八郎元帥の銅像がある。神社から奥ノ院までの道のりは長く体力を消耗した。奥ノ院からは尾根伝いに続く山道を歩くことになるが、この道も険しく遠い道だった。地図と地形図は持参したが道標もないためほとんど勘を頼りに進んだ気がする。城跡は木に看板がぶら下げられている吉田山よりもさらに奥にある。尾根を進んで行くと見事な土橋を伴う堀切が待っていた。小規模ながらとても美しい遺構であり山城探訪の醍醐味を存分に味わうことができる山城だった。
西武秩父線「吾野」下車 徒歩1時間
Webサイト/城逢人
2014/03/15