別 名
所在地 埼玉県飯能市原市場
築城者
築城年
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 中世の飯能は猪俣党の岡部氏が蟠踞し戦国時代になると飯能から日高にかけては青梅の三田氏が支配していたことがわかっている。岡部氏の所領は吾野付近が中心だったと思われることと、リュウガイ城の造りを見ると戦国時代の山城を想起するので三田氏の時代に使用された城ではないかと思う。
リュウガイ城 堀切 腰曲輪
腰曲輪 主郭跡の虎口 主郭跡の虎口
主郭跡 主郭跡の土塁 二の郭跡の土塁
 リュウガイ城は飯能市内では屈指の山城だと思う。すっかり気に入って三度も登っている。唐竹橋のバス停から原市場へ抜ける峠道へ登り切通しにある高圧鉄塔の保全道から登った。ここからアップダウンがきつい山道を1時間ほど歩かねばならない。
 登っては下りの繰り返しで嫌になるが急傾斜の山道を登ると唐突に堀切と出会う。そこから腰郭を経て主郭へと着くのだが、ここまでの道のりはいつ来ても息が上がる。案内板もなくほとんど人が訪れることもない山城だが道は明確だし遺構はよく残っている。主郭と二の郭に残る土塁は立派なものだし、木々に邪魔されているが堀切も大きくて迫力があった。自分が訪ねた後に地元の人たちが登山道を整備して道標なども設置してくれたおかげで北側から登れるようになった。もっと注目されて良い山城だと思っていたのでありがたい配慮である。
西武池袋線「飯能」下車 国際興業バス「湯の沢」行で「唐竹橋」下車 徒歩1時間15分
中世北武蔵の城/岩田書院
2014/05/09・2014/12/26・2015/02/19