別 名 天神山城
所在地 埼玉県北本市石戸宿
築城者 藤田八右衛門
築城年 室町時代
廃城年 天正18年(1590)
現 状 宅地・農地
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 扇谷上杉氏の家人藤田八右衛門が拠ったとされ戦国時代は岩槻城の支城だった。永禄5年(1562)に北条氏邦が石戸城へ攻め寄せたが城を守る毛利丹後守の防備は堅く城攻めは難渋を極めた。上杉謙信が後詰にやって来ることを聞きつけた氏邦は夜陰に紛れて石戸城の東に横たわる沼沢地に堤を築いて一気呵成に攻め落としたという。北条氏が滅ぶと徳川家康の家臣牧野康成が石戸の領主となるが、康成は石戸城には入らず川田谷に陣屋を構えて領地を支配しているので石戸城は廃城となったのだろう。
石戸城 空堀 空堀
空堀 沼沢地 一夜堤
 北条氏邦と上杉謙信が石戸城を舞台に争った経緯から埼玉県内では比較的知られた城である。北本駅からいくつかの系統のバスが出ているので訪れるのは容易である。城跡は今も湿地帯に囲まれた要害であることがよくわかり東の沼地には北条氏邦が築いた一夜堤が残る。
 この日は北本自然観察公園を通って石戸城へ向かった。自分の背丈よりも高い葦が繁る沼地は石戸城の要害ぶりを伝えてくれる。一夜堤を歩いていると石戸城と一夜堤の由来を表記した案内板があった。そこから西へ続く道を歩けば城跡に着くが歴史のある石戸城もほとんどかたちを失っている。城内を道路が貫通し主郭には民家が建ち断片的に土塁と堀が残る程度だった。とても残念だが北本市は石戸城を史跡公園とする計画を策定している。公有地化が進み適度な整備がされることを期待したい。
JR高崎線「北本」下車 川越観光バス「石戸蒲ザクラ入口」行で「自然観察公園前」下車 徒歩15分
日本城郭大系/新人物往来社・Webサイト/北本市ホームページ
2005/06/18