別 名 箕田城・大間の城山
所在地 埼玉県鴻巣市大間
築城者
築城年
廃城年
現 状 城山ふるさとの森
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 埼玉県指定史跡
評 価
 源経基は清和天皇の孫にあたり六孫王とも呼ばれた。承平8年(938)に武蔵介として赴任している。武蔵武芝や平将門との争いが伝わるが半ば伝説の人物でありその居館跡も伝承地に過ぎないが、源頼義や源仕が居館を構えたという言い伝えもあるので源氏ゆかりの地であることに違いない。その遺構はとても平安時代まで遡るものではなく室町時代から戦国時代にかけてのものと考えられている。新編武蔵風土記稿では扇谷上杉氏の家臣箕田氏の城としており夢もロマンもないが正鵠を得ていると思う。
標柱 空堀 櫓台
空堀 空堀 土塁
 6月の蒸し暑い日に清和源氏の遠祖にあたる源経基の居館伝承地を訪ねた。鴻巣駅からここまではそれほど遠くはなかったが、館跡を散策しているうちに何度か蚊に刺された。加筆している15年前のことなのであまり覚えてはいないが、この前後に石戸城や三ツ木城も訪ねているので暑さには参った。当時は後年に比較すれば酷暑というほどでもなかったが昭和の頃の6月と比べれば格段に蒸し暑い。かつては副郭を備えていたのだろうが今では単郭しか残っていない。青々とした土塁と複雑な折れを見せる空堀を見て歩くのは楽しかった。
JR高崎線「鴻巣」下車 徒歩15分
日本城郭大系/新人物往来社・伝源経基館跡案内板
2005/06/18