別 名 志木館・引又館
所在地 埼玉県志木市柏町
築城者 二階堂氏
築城年 正応2年(1289)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 志木第三小学校
遺 構 土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 柏ノ城の歴史は古く平安時代に藤原長勝が居館を構えたという伝承がある。城跡にあった長勝院という寺院にその名を残しているが事績は伝わらないが貝塚があることからも古くから集落が形成されていたことは想像に難くない。鎌倉時代には二階堂土佐守が居城と大永4年(1524)に大石信濃守が柏ノ城を改修したという記録が残る。大石氏の系譜はよくわからないが北条氏が山内上杉氏を武蔵から追いやった後は北条氏の家臣となっている。こうして柏ノ城は北条氏照の有力拠点となった滝ノ城の支城網のひとつになったと思う。
柏ノ城 主郭跡と標柱 二の郭跡の城山貝塚
西の曲輪跡の土塁 チョウショウインハタザクラ
 埼玉の古城址という本に収録されている城を片っ端から訪ねてみようと思っていた頃に柏ノ城を訪れている。まだ21世紀が訪れる前のことだったが遺構はほとんど失われていた。もっともその当時の自分の目では遺構の痕跡を探し出すほどの眼力はなく、城跡に建つ標柱や案内板だけを見て満足していたと思う。
 長い歴史を持つこの城も志木第三小学校の建設で遺構はほとんど失われている。小学校の敷地内に標柱と案内板が設置され隣接する長勝院跡にも西郭跡の案内板があった。チョウショウインハタザクラは樹齢4百年以上を誇る古木で柏ノ城の歴史を伝える生き証人である。長勝院跡は大部分が農地となっているが土塁と堀が少しだけ残っていた。小学校の近くには大きなマンションが建っているが共用部の敷地は大堀跡をそのまま利用している。大堀跡には案内板が設置されていたが経年により文字はほとんど擦れて読めなくなっていた。城跡へ訪れるときに歩いてきた柳瀬川の堤防は柏ノ城の土塁の一部を利用しているという。瀟洒な家が建ち並ぶ二の郭跡には城山貝塚があり少しだけ往時の姿を留めている。
東武東上線「柳瀬川」下車 徒歩10分
埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
1997/10/10・2012/11/09