別 名
所在地 埼玉県秩父市寺尾
築城者 永田林四郎
築城年 室町時代
廃城年
現 状 永福寺
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 永田城は室町時代の永田林四郎の居城であるとか戦国時代には諏訪氏が居城としていたとされる。秩父路の古城址では丹党中村氏の城ではないかとしている。秩父志では鉢形城に出仕した寺尾彦三郎の居城と伝えている。いずれにしても定見は得られていない。永福寺の開基は大同2年(807)というから永田城があった時代より遥か以前からここにあったわけだが寺伝には永田城のことはあまり残されていないのだろう。あるいは武田信玄が侵攻したときに書物などが焼失したり散逸してしまったのかもしれない。
永福寺 土塁 土塁と空堀
土塁 土塁と空堀 主郭跡
 昔はよく秩父へ出かけたものだった。自宅から近いわりにまるで違う国へ来たように風景が変わる。市街地はかなり開発が進んでしまったが西武秩父駅から少し離れると今も山村らしい素朴な景色が広がっている。はじめて永田城を訪ねたのは冬の終わりだったが秩父はまだまだ真冬の装いだった。2度目は西武秩父駅から自転車を利用して来ている。名前も知らない黄色い花がとてもきれいな梅雨の頃だった。
 小ぢんまりとしているが好きな城である。冬と夏の2回訪れているがいずれも曇天だった。おかげで太陽光の反射を気にすることなく撮影できた。単郭で遺構も南側の堀と土塁ぐらいしかないがほのぼのとした気分に浸ることができた。素朴な感じがする永福寺は竜子堂の呼び名で親しまれている。札所22番のお寺なので巡礼者がいる中を散策したが地元に溶け込んでいる雰囲気がとても好ましい。山門の仁王像も威厳のない可愛らしい姿だった。
秩父鉄道「秩父」下車 徒歩30分
日本城郭大系/新人物往来社・秩父路の古城址/有峰書店新社
2005/03/13・2011/06/10