別 名 金仙寺館・上ノ屋敷
所在地 埼玉県秩父市下影森
築城者 橋久保大膳
築城年 南北朝時代
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・石積・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 下原城は南北朝時代に橋久保大膳の居城だったとされるが、秩父風土記では大久保主馬の名を伝えている。いずれにしても人物の詳細まではわからない。荒川沿いの断崖に築かれた縄張りは諏訪城や宮崎城と同じであり、規模の大小に大きな違いはあるが鉢形城とも基本的な構成は同じである。
下原城 空堀 土塁と空堀
虎口 石積み 土塁
 涼しい時期に再訪したが木立の中は藪蚊だらけだった。薄暗い雰囲気は前回来たときとまったく変わらない。藪の中を歩くと大きなクロコノマチョウがひらひらと舞う。薄暗い雑木林の中を好む黒っぽい色をした陰気な感じがするチョウである。
 遺構はよく残っており土塁に河原石が埋め込まれているのが面白く感じた。投石に使う礫石には大きすぎるので土塁を補強するための手段だろう。虎口とそこに架かる土橋や土塁と空堀が意外なほどよく残っている。
西武秩父線「西武秩父」下車 徒歩20分
日本城郭大系/新人物往来社・中世城郭事典/新人物往来社
2006/01/28・2010/11/02