別 名 滋野城・長者屋敷山城
所在地 埼玉県秩父市下影森
築城者 滋野刑部
築城年 戦国時代
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 根岸城は戦国時代に北条氏に仕えた滋野刑部の居城という。滋野氏というと信濃を連想するが秩父の滋野氏の出自はわからない。長者屋敷と呼ばれたからには土地の有力な土豪だったことが想像できる。天正18年(1590)に鉢形城が豊臣軍の攻撃で落城したときに滋野刑部は豊臣方に寝返ったと伝わっている。
登山道 岩井堂 虎口
二の郭跡 堀切 堀切
腰曲輪 主郭跡 主郭跡の土塁
 中世城郭事典を読んでいたときに長者屋敷山城という変わった名前の城が掲載されていた。日本城郭大系の巻末一覧には滋野館として簡単に紹介されていた。当時は場所もわからず山深い場所なので行くのを躊躇していた。 それから何年も過ぎて秩父の山城には数多く登り経験を積んで自信が芽生えたこともあり単独で長者屋敷山へ行くことにした。昭和電工の工場敷地内に岩井堂への入口があるので少し迷うが守衛に聞けば親切に道を教えてくれる。ここからの道のりはとても楽しい時間となった。
 琴平神社までの石段の長さに苦労したがそこから先は快適な山道が続く。途中で道は岸壁にぶつかり鉄骨組みの階段を登ることになるがまるで軍艦に乗り込むようで楽しかった。岩井堂は極彩色に彩られた美しい寺だで京都の清水寺と同じ懸造という技法が使われている。お堂の裏から登り続けると根岸城へ着くが岩井堂からそれほど遠くなかったと思う。根岸城は小さいが遺構がよく残っている。なぜこの城が無名のまま埋もれているのだろうと思った。堀切ごしに見る秩父の景色がとても綺麗だったことを覚えている。たしかここで簡単な食事をしているが景色を楽しみながら達成感に満たされた中で食事をしたからさぞかし旨かったと思う。とても冒険心が満たされる城だった。
秩父鉄道「影森」下車 徒歩40分
中世城郭事典/新人物往来社
2006/01/28