別 名
所在地 埼玉県比企郡小川町腰越
築城者 山田清義
築城年 治承4年(1180)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山林
遺 構 郭・石積・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 埼玉県指定史跡
評 価
 腰越城は治承4年(1180)に山田伊勢守清義が築いたという。平安時代末期にこのような山城が築かれたかは疑問だが、その後も山田氏歴代の居城として続き戦国時代は北条氏が組織した松山衆の中心人物となる上田朝直の家老山田伊賀守直定が居城としていた。上田氏初期の地盤である大河原郷の入口を抑える要地であり上田氏自身が居城とした時期があったかもしれない。
腰越城 榎戸門跡 北尾根の二重堀切
囮虎口 西曲輪跡の堀切 西曲輪跡
西曲輪跡の土塁 西曲輪跡の石列 腰曲輪
堀切 横堀 横堀
石積み 二の郭跡 主郭跡の虎口
主郭跡 主郭跡の土塁 腰越城からの眺望
 中世山城を廻り始めた頃は週末になると小川町へ出かけていた。週の半ばになると晴れた週末が楽しみで仕方がなかった。東武東上線が高坂を過ぎると山が見え始めて森林公園を通過すると車窓に雑木林が映る。嵐山町から小川町にかけては中世城郭の宝庫であり行く度に新たな発見があって本当に楽しい日々だった。
 何度も登っているが訪れる度に新しい発見があって飽きることがない。昔は荒れた山だったが今は整備が進み主郭は殺風景なぐらいに藪が刈り払われている。おかげで遠くからでも腰越城のシルエットがよくわかる。数々の工夫が施された山城で長大な竪堀や横堀が訪問者を楽しませてくれるが特に囮虎口という遺構はここでしか見たことがない。それぞれの遺構には案内板が設置されているのも親切な配慮だと思う。
東武東上線・JR八高線「小川町」下車 イーグルバス「白石車庫」行で「木落し」下車 徒歩25分
日本城郭大系/新人物往来社・秩父路の古城址/有峰書店新社
2005/11/12・2010/02/14