別 名 もと屋敷
所在地 埼玉県比企郡小川町靭負
築城者 竹沢行高
築城年 平安時代末期
廃城年 応安元年(1368)
現 状 雲龍寺・熊野神社・山林
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 平安時代の領主竹沢二郎行高の館跡とされる。竹沢氏は児玉党出身で児玉保義の子行高が竹沢郷で居住して竹沢二郎と名乗った。その末裔かはわからないが南北朝時代に矢口の渡しで新田義興を謀殺した竹沢右京亮という武士がいる。案内板によれば竹沢一族は応安元年(1368)に発生した武州平一揆に参加し所領を失ったが子孫は名主として続いたと記されていた。
案内板 熊野神社 五輪塔
 東武竹沢駅から東へ10分ほど歩くと山の斜面に雲龍寺の赤い屋根が見える。背後に数段の平場があり竹沢氏の館跡という。墓地の入口に館跡の案内板があったが剥離が激しくとても読めなかったが12年後に再訪したときも案内板はそのままだった。今は東武竹沢駅の近くに新しい案内板が設置されている。
 雲龍寺の上段に熊野神社があり境内には古そうな五輪塔が苔むした姿で残っていた。竹藪となっているが三段の平場が形成されており竹沢氏の館が構えられていたというがどうみても寺院の遺構にしか思えない。雲龍寺の境内を居館跡と考えても良さそうだが発掘でもしなければ結論は出ないと思う。
東武東上線「東武竹沢」下車 徒歩10分
日本城郭大系/新人物往来社・竹沢氏館跡案内板
2005/05/06・2017/05/14