別 名
所在地 埼玉県比企郡小川町奈良梨
築城者 諏訪頼忠
築城年 天正18年(1590)
廃城年 文禄元年(1592)
現 状 八和田神社
遺 構 土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 小川町指定史跡
評 価
 名門諏訪氏の一族である諏訪頼忠は宗家が滅ぼされた後は武田信玄に仕えた。天正10年(1582)に武田勝頼が滅ぶと旧臣たちに支えられて旧領を奪回し天正壬午の乱の後に徳川家康に臣従した。天正18年(1590)に家康が関東へ移封されると武蔵で1万2千石を与えられ奈良梨に陣屋を構えている。諏訪氏の治世はわずか2年ほどであり奈良梨は北条氏の時代から伝馬が置かれた要地でもあったので土豪の居館を流用したのかもしれない。慶長6年(1601)に諏訪頼水は信濃高島城を与えられ故郷の城主に返り咲いている。
土塁 土塁と空堀 農業用水
 森林公園からレンタサイクルを利用して小川町の城館を訪ねた。いくつもの城館跡を訪ねたが明確な遺構が残っていたものとして奈良梨陣屋が印象に残る。ここには7年後にも友人と訪れているが良い意味で開発の手が伸びていない美しい場所である。
 それまでまったく知らなかった陣屋だが案内板が設置され遺構もよく残っていた。八和田神社の参道脇に農業用水があり水堀のような景観を醸し出していたが遺構の名残なのかはわからない。南東2キロ足らずの地には家康に召し抱えられた河窪信俊の館があるが信俊は武田一門なので頼水にとって仇敵となる。その対比が何となく面白く感じられた。
JR八高線・東武東上線「小川町」下車 国際十王バス「熊谷駅」行で「奈良梨」下車 徒歩5分
日本城郭大系/新人物往来社・奈良梨陣屋案内板
2004/10/16・2011/11/06