別 名
所在地 埼玉県比企郡小川町高谷
築城者 太田道灌
築城年 文明12年(1480)
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 伝承では治承4年(1180)に金子十郎兵衛忠成が高谷砦に籠城したという。同じ比企郡内にある杉山城も金子十郎家忠が築いたという伝承があるが、この年には源頼朝が挙兵をしており金子一族は頼朝に敵対して三浦半島の衣笠城を攻めている。金子氏の本拠地から遠く離れた比企郡で合戦に及んでいたとも思えない。文明12年(1480)に太田道灌が竹沢と高見の間に陣を置き長尾景春の軍勢を敗走させたという記録がありそのときに取り立てたのが高谷砦という説がもっとも的を射ているように思う。平安時代末期の城でないことは明らかだし戦国時代の最盛期に使用された城とはとても思えない。
高谷砦 腰曲輪 二の郭跡の空堀
二の郭跡の土塁 主郭跡の土塁 主郭跡の空堀
主郭跡の土塁 主郭跡の土塁 主郭跡の土橋
 高谷砦に訪れたのは10月半ばで蜘蛛の巣がひどく途中まで何とか分け入ったがスズメバチがいて逃げ帰っている。土の起伏もわからないまま退散したが藪は生半可なものではなくとてもではないが遺構の確認はできなかった。小川町の城はほとんど廻り尽くしていたが高谷砦だけが消化不良だったので13年後に再訪した。この頃は僕の中で一度訪れた城へ再訪するのが楽しい時期でもあった。10年ぶりぐらいに来てみるとどの城も新鮮に見える。そんな流れも高谷砦への再訪を後押ししてくれた。
 以前は堀切であきらめているが今回は図面も用意して準備万端だった。藪のひどさは変わっていないが凝視すれば遺構は良い状態で残されている。それについては自分の目が肥えたのもあると思う。微妙な地形の起伏も読み取れるし図面のおかげで細かい遺構まで拾えた。腰郭はとても綺麗に削平されているし土塁と空堀もはっきりとわかる。主郭の土橋は見ていて思わず声を上げるほどの遺構だった。目を皿のようにして高谷砦の全貌を解析できたことは有意義だった。
JR八高線・東武東上線「小川町」下車 国際十王バス「熊谷駅」行で「前高谷」下車 徒歩15分
日本城郭大系/新人物往来社・埼玉の古城址/有峰書店新社
2004/10/16・2017/02/08