別 名
所在地 埼玉県比企郡小川町木呂子
築城者 木呂子丹波守
築城年 戦国時代
廃城年 天正18年(1590)
現 状 農地
遺 構
移築建造物
再建建造物 櫓・柵
史跡指定
評 価
 木呂子氏の居城である吉野砦はいくつかの比定地があり確定はしていないが小川町史を頼りにその中のひとつを訪ねることにして寄居町から小川町まで丘を越えて木呂子集落へ着き、八高線の踏切を横断して吉野砦へ登った。
吉野砦 模擬柵 主郭跡
 埼玉県内の城郭は数多く訪ね歩いたがそのうち訪問先が枯渇してきた。埼玉県東部の居館跡廻りは遺構も案内板もない場所が多いので途中で嫌になる。そうなると行き着く先は未訪問の山城に限られてくる。そんなときに豊臣の大軍相手に松山城を守って籠城した木呂子丹波守を思い出した。
 麓から木製の階段が作られているが朽ちていた。登りきると戦国時代の砦を思わせるような柵と櫓があった。農作業中の人がいたので声をかけるとこの土地の地主だった。許可を得て中を見させてもらい少し立ち話をした。地元の生まれではなくこの土地は他人から譲り受けたということだったが木呂子氏のことは知っていた。遺構らしいものは見つからなかったが楽しい時間だった。
JR八高線「竹沢」下車 徒歩25分
日本城郭大系/新人物往来社・小川町史
2017/02/01