別 名 机ノ城
所在地 埼玉県秩父郡横瀬町横瀬
築城者
築城年
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 横瀬町指定史跡
評 価
 秩父地方では比較的有名な城だが成り立ちはわかっていない。藤田重利の養子となった北条氏邦が根古屋城を居城にしたというが、藤田氏の支配地であったことは確かでも氏邦はおそらく在城していないと思う。それ以前に河越夜戦で敗れた山内上杉憲政が一時的に根古屋城に入り山続きにある古御嶽城の永田外記を頼ったという伝承がある。永禄12年(1569)に根古屋城を守っていた北条氏邦の家臣浅見伊勢守が武田氏の侵入をいち早く捕捉し鉢形城へ伝えた功により氏邦より姓を朝見とするようにと激賞されており、子の伊賀守へ宛てた氏邦の書状も残ることから一定の期間は浅見氏が根古屋城の城将だったことは確かなようである。
横瀬根古屋城 西郭跡の虎口 西郭跡
雁木坂と横堀 堀切 主郭跡
二の郭跡の堀切と土橋 東郭跡 横瀬根古屋城からの眺望
 横瀬根古屋城には何度か訪れている。はじめて来たときはあまり魅力を感じなかったが何度か訪れるうちにいろいろな魅力がわかってきた。春先に訪れたときに西郭の横堀を見ようとして斜面から転げ落ちたことがある。けっこうな高さから落ちてしまい焦りもしたが、運が良く落ちた先の横堀に伐採された杉の枝がうず高く積まれていて事なきを得た。その代わり横瀬駅まではくしゃみが止まらなかった。それでも土の城が織り成す美しさに痛みも忘れて見惚れていたものだった。
 3度目の訪問は平成26年に関東地方を襲った記録的な大雪のあとだった。西尾根の登山道は雪がかなり積もっていたが、肌を切り裂くような空気がとても心地よく雪のおかげでいつもなら気にも留めない二の郭の土橋と堀切が鮮明に見えた。秩父は石灰採掘が盛んなために根古屋城の主郭も削り取られているのが残念だが、これ以上の破壊はないと思うので根古屋城はまだ幸運かもしれない。
西武秩父線「横瀬」下車 西武バス「松枝」行で「根古屋」下車 徒歩10分
日本城郭大系/新人物往来社・秩父路の古城址/有峰書店新社
2005/03/13・2009/09/15・2014/02/07