別 名
所在地 埼玉県秩父郡横瀬町横瀬
築城者 永田外記
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 横瀬町指定史跡
評 価
 山内上杉氏に仕えた永田氏が守った城という。北条氏に追われた上杉憲政が古御嶽城へ逃れ憲政を守るために防戦した永田外記は討死したという伝承が残されているが真実かどうかはわからない。いかにも土豪が築いたような小さな城なのであるいは事実なのかもしれない。
古御嶽城 尾根道 岩尾根
岩場 腰曲輪 主郭跡
堀切 二の郭跡 堀切
 横瀬根古屋城は何度か訪れているが古御嶽城へは訪れることがなかった。その存在は昔から知っていたが登る勇気がなかった。それから僕も秩父の山城はかなりの数を登った。場数を踏んで自信もついたので古御嶽城へ登ることにしたが、平成26年の関東地方は記録的な大雪に見舞われた。2月に訪れたときは積雪があり、城跡の真下にある岩場であきらめた。登るのはいいが下る自信がなかった。
 半月ほど待って再び古御嶽城へ登った。雪は残っていたが前回よりは歩きやすい。岩場まで来たが無事に登攀することができた。小さい城だが岩盤を削った堀切が印象深い。必要最小限の土木作業で構築された城は好きなので気に入ってしまった。無名に近い城だが昭和48年に文化財登録されていることを標柱で知り驚いた。
西武秩父線「横瀬」下車 西武バス「松枝」行で「根古屋」下車 徒歩40分
秩父路の古城址/有峰書店新社
2014/03/07