別 名 日野城・真建城
所在地 埼玉県秩父市荒川日野
築城者 長尾景春
築城年 文明12年(1480)
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 山内上杉氏に反抗して乱を起こした長尾景春が秩父に逃げ込み熊倉城を築いたのは文明12年(1480)のことである。熊倉城というのは後々になってつけられた名前で当時は日野城と呼ばれていたらしい。扇谷上杉氏の重臣太田道灌が熊倉城を落としたのはその年であった。景春は塩沢城へ逃げ延びて秩父山中を逃走しながら古河公方足利成氏を頼っている。
熊倉城 城跡入口 堀切と土橋
堀切と土橋 二の郭跡 主郭跡
主郭跡の土塁 竪堀 三の郭跡の横堀
 熊倉城は前年の暮れに一度登りかけている。白久駅から延々と続く道は車道なので楽ではあったが、誰もいない車も通らない道を一人で歩くのは不安だった。人里からどんどん離れて沢沿いの道を歩いているときに熊と遭遇するのではないかという緊張感に押し潰されて引き返している。熊倉山はここよりずっと奥にあるのになぜこの城を熊倉城というのかはわからない。正月なら熊の心配も少ないと思い登ってみたが山頂へ着いたときもそれほど疲れはしなかった。
 図面で確認してもあまり魅力を感じない城であるが、実際に歩いてみても堀切は埋もれているし土塁も低くなっているのでそれほどの感動を感じることはなかったが、城山の入口から中心へ至る細尾根に穿たれた堀切と土橋は見応えがあった。長尾景春が急場しのぎで逃げ込んだ城だから仕方ないが塩沢城よりは城としての構えはしっかりとしており楽しめるとは思う。
秩父鉄道「白久」下車 徒歩1時間30分
秩父路の古城址/有峰書店新社・熊倉城跡案内板
2011/01/02