別 名 白鳥城・根古屋城
所在地 埼玉県秩父郡長瀞町岩田
築城者 藤田康邦
築城年 天文元年(1532)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山林
遺 構 郭・石積・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物 模擬櫓
史跡指定
評 価
 天神山城は天文元年(1532)に藤田康邦が築いた山城である。山内上杉氏に仕えていた康邦だったが河越夜戦で関東の勢力図は大きく変わり新興勢力の北条氏による圧迫に抗しきれず北条氏康の子氏邦を養子に迎えて自身は用土城へ隠退した。氏邦は天神山城を居城としたが永禄3年(1560)に鉢形城を居城として天神山城はその支城となった。天正18年(1590)の北条氏滅亡によりこの城も廃城となった。
天神山城 腰曲輪 堀切
主郭跡 竪堀 腰曲輪
二の郭跡 堀切 三の郭跡の土塁
三の郭跡の横堀 三の郭跡の石積み 出曲輪跡の堀切
 中学生の頃に買った城郭探訪の本に天神山城の模擬天守がカラーで紹介されていた。当時はまだ観光地として健在だったのだろうか。中世の山城探訪を始めた20代の頃は天神山城の模擬天守も廃城となって朽ち果てて堀切に架かる橋も錆で腐食していた。比較的訪れやすい山城ということもあり何度も訪れているが遺構はよく残っている。破壊されてしまった部分がどんな様子だったのか今では知ることができないが、中世山城としての魅力は十分残っていると思う。
 壁面の石積は大部分が崩れかけているが広範囲にわたって積まれている。破壊されてしまった堀切も真横から見ると断面がわかる。東斜面を下りると出郭があるが急な傾斜でありロープがないと下りられないような場所だった。尾根上の主要部とは異なる感じを受ける。模擬天守はいつか崩壊してしまうだろうが可能であれば撤去して天神山城を本来の姿に戻してあげる時期だと思う。無用な建物の残骸を取り払い埋められた堀切を復元するのはそれほど大変とは思わない。このまま土に還るのは実にもったいない城である。
秩父鉄道「野上」下車 徒歩45分
日本城郭大系/新人物往来社・中世城郭事典/新人物往来社
2005/03/20・2006/12/23・2010/03/03