別 名
所在地 埼玉県秩父郡小鹿野町下小鹿野
築城者 奈倉行家
築城年 室町時代
廃城年 永禄13年(1570)
現 状 宅地・農地
遺 構 石積・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 小鹿野町指定史跡
評 価
 奈倉館の案内板によれば鎌倉時代に丹党下中村氏の一族がこの土地を開拓し小鹿野氏を名乗ったとしている。さらに案内板には室町時代に奈倉十郎行家が居館を構えたが、永禄13年(1570)に奈倉重則は秩父へ侵攻した武田軍と交戦し討死したと記されていた。
標柱 空堀 土塁
土塁 土塁 ようばけの堆積層
 鉛色の空に覆われてほとんど日差しのない一日だった。友人たちと吉田町から小鹿野町にかけての城館を廻り最後に訪れたのが奈倉館である。着いたときには小雪が舞っておりあまりの寒さに珍しく手袋を装着したほどだった。
 石積の土塁がよく残り深い空堀も見られる。舞い散る雪のおかげで静寂に包まれた奈倉館が余計に寂しく見えた。館跡からはようばけの堆積層がよく見える。1500万年前の堆積地層が川の浸食で今のような姿となったと本に書いてあった。海だった時代の名残りでクジラやサメの化石が発見されている。
秩父鉄道「皆野」下車 西武バス「小鹿野車庫」行で「松井田」下車 徒歩30分
日本城郭大系/新人物往来社・奈倉館跡案内板
2008/02/17