別 名
所在地 埼玉県児玉郡美里町猪俣
築城者 猪俣兵庫頭入道
築城年 室町時代
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 猪俣城の歴史と猪俣氏との関わりはあまり解明されていない。東西で向き合う位置にある虎ヶ岡城と同一勢力が築いたようにも思う。戦国時代は藤田氏の支配下にあり北条氏の時代になると鉢形城の烽火台程度の役割でしかなかったと思う。
猪俣城 猪俣城への分岐 堀切
二の郭跡 土橋 主郭跡
三の郭跡 堀切 堀切
 猪俣城は少し山深い場所にあり、インターネットのない時代は場所の特定すらできなかった。地図を眺めつつおおよその見当をつけるわけだが、当時はまだ単独での山城探訪に慣れていないこともあって訪れることのないまま歳月が過ぎた。
 幸い相互リンクをしている友人の誘いで虎ヶ岡城と猪俣城を併せて訪れることができた。朴葉の葉を踏みしめながら円良田湖方面からの山道を歩いた。山道に猪俣城への道標はない。おそらくそれは今も同じだと思う。鐘撞堂山への分岐にある道標とは逆の方向に伸びる尾根を歩くとすぐに猪俣城へ着く。城跡は藪に覆われていたが土橋と二重堀切ははっきりわかった。
 それから10年後に再び猪俣城へ登ってみた。今度は単独だったが、当時と違い自分も場数を踏んでいるので迷うことなく着いた。前回とは違い寄居駅を出発して最初に鐘撞堂山へ登り、そこから猪俣城へは15分ぐらいだったと思う。分岐の場所は何となく覚えていたので以前よりも近く感じたものだった。それまでは印象の薄い山城だったが自分の先入観を改めないといけないぐらい遺構は素晴らしかった。相変わらずの藪だが千葉や茨城の山城と比べればそれほど気にならない。土塁はほとんど見られず郭の切岸と堀切で成立している。
東武東上線・JR八高線・秩父鉄道「寄居」下車 徒歩1時間15分
秩父路の古城址/有峰書店新社・中世城郭事典/新人物往来社
2006/12/23・2017/01/12