別 名 円良田城
所在地 埼玉県児玉郡美里町円良田
築城者 猪俣氏
築城年 戦国時代
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山城
遺 構 郭・石積・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 戦国時代に猪俣氏が築いたというが虎ヶ岡城と猪俣城は藤田氏の築城ではないかという気がする。天正18年(1590)に豊臣氏に属した真田昌幸が矢那瀬大学の守る虎ヶ岡城を落としたという。
虎ヶ岡城 登山道 石積み
二の郭跡 堀切 三の郭跡
堀切 主郭跡の土橋 主郭跡
西尾根の堀切 石積み 西尾根の堀切
 虎ヶ岡城のことを知ったのは秩父路の古城址という本を読んだときだから昭和の終わり頃だった。インターネットのない当時は山城の位置を確認するのにも苦労する時代だった。情報がまったくないため5万分の1の道路地図を眺めつつそれらしい地形を割り出して登る。それほど多くの山城に登っていない頃だったので城跡でもない山に登っては下ることの繰り返しだった。それでも小川町の青山城や高谷砦などはこうした作業の末に見つけ出している。
 猪俣城と虎ヶ岡城は図面を見て魅力を感じていたが、少し山深い場所にあるために手が出しづらかった。そんな頃に知り合った友人にに誘われて虎ヶ岡城へ訪れる機会を得た。陣見山を経る山道は登りがきついようなので円良田湖側から登った。美里町円良田と長瀞町矢那瀬の境界に位置し東に猪俣城があり南に金尾山城がある。
 初めて訪れたときは道標もなく主郭に虎ヶ岡城と書かれた小さな看板があるだけだった。10年後に再訪したときには道標が設置され、城跡を示す案内標識も立派になっていた。遺構はとても見事で尾根を断ち切る堀切の規模は長野や群馬の山城と比較しても遜色がない。記憶が薄れていたこともあって新鮮な気持ちで廻ることができた。尾根歩きはとても爽快である。道はきれいで歩きやすく真夏を除けば快適に歩ける。再訪時は花園御嶽城に登ってから円良田湖を経て登ったが疲れを忘れるぐらい楽しかった。
秩父鉄道「波久礼」下車 徒歩1時間
日本城郭大系/新人物往来社・秩父路の古城址/有峰書店新社
2006/12/23・2017/01/19