別 名
所在地 埼玉県熊谷市仲町
築城者 熊谷直季
築城年 平安時代末期
廃城年
現 状 熊谷寺
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 源頼朝に日本一の剛の者と呼ばれた熊谷次郎直実の居館が今の熊谷寺である。平敦盛と邂逅する場面はよく知られており源平合戦に登場する武将の中では那須与一や畠山重忠らと並び知名度の高い人物でもある。熊谷氏は私市党出身で直実より数代前になる直季のときに大里郡熊谷郷を拠点として熊谷氏を名乗ったというが平貞盛の後裔とする系図もある。子孫は近江や安芸で栄えており毛利氏の重臣となった熊谷氏がいる。直実は源氏の家人であったが平治の乱で源義朝が敗れると平氏に仕えている。治承4年(1180)に源頼朝が挙兵したときは平氏に属して石橋山の戦いで頼朝軍を破ったが、頼朝が房総で千葉常胤や上総広常らを味方につけると直実も頼朝に臣従し源義経の軍勢に属して西国を転戦した。泣く泣く平敦盛を斬ったのは一ノ谷の戦いのことである。多大な戦功を挙げた直実だったが根っからの坂東武者らしい気質が災いし鎌倉幕府が開かれてからは不遇をかこっている。不満が爆発した直実は武士を辞め出家して諸国を歩いているが最後は故郷の熊谷に戻り居館に庵を結び念仏を唱える日々を送りながら往生を遂げた。
 まだまだ季節は夏といった蒸し暑い日に日本でも最も暑い街として知られる熊谷を訪ねた。まだ夏の暑さに耐性があった頃なので熊谷から秩父鉄道を利用して行田市まで移動して忍城や坂東武士の居館跡をいくつか訪ねている。
 熊谷寺は日曜日の参観が可能になったというが昔はいつも門が閉ざされていた。遺構もなければ石碑もないので特に気に留めることもなく本堂の写真だけを撮影して立ち去っている。熊谷駅前には直実の銅像があるがビルが建ち並び消費者金融の看板ばかりに囲まれており聖者のような晩年を送った直実にしてみれば居心地が悪い場所に映った。
JR北陸上越新幹線・高崎線・秩父鉄道「熊谷」下車 朝日バス「妻沼」行で「熊谷寺前」下車 徒歩5分
武蔵武士/まつやま書房・埼玉の城址30選/埼玉新聞社
2006/09/02