別 名
所在地 埼玉県入間郡毛呂山町平山
築城者 斎藤冨長
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 宅地
遺 構 土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 戦国時代に斎藤美濃守冨長が構えた館であり今も子孫が居住している。斎藤氏は源平争乱の時代に活躍した斎藤実盛の後裔だが、平山に土着するまでの経緯は不明である。冨長は毛呂氏の娘を正室に迎えて永禄元年(1558)にこの地で没したと伝わる。
長屋門 土塁 土塁
土塁 土塁 土塁
 宅地化が進む毛呂山町にあって今も中世土豪の居館跡の遺構をとてもよく残していた。長屋門は近世のものだろうが館を囲む土塁は思わず息を呑むほどの規模だったことを思い出す。ちょうど庭先にご婦人がいたので見学を申し出ると快く許可を出してくれた。もちろん邸内に入ることはしなかったが土塁の内側を見せてもらうことができた。
東武越生線「東毛呂」下車 徒歩10分
日本城郭大系/新人物往来社・毛呂山町史
2005/05/01・2006/03/30