別 名 大野玄蕃屋敷
所在地 埼玉県入間郡毛呂山町平山
築城者 大野玄蕃
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 宅地・農地
遺 構 土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 戦国時代に大野玄蕃という武士が居館を構えたとされ、天正18年(1590)に北条氏が滅亡して徳川家康が関東へ入国したあとに上野国から来た村田和泉守が大野氏の館を譲り受けたとされる。
 長屋門と土塁が美しい斎藤美濃守館の東にあった居館跡である。斎藤氏の居館は今も手入れが行き届き美しい遺構を残しているが、村田氏の居館は肩身が狭い思いをしている。僕が訪れた当時は農地の端に土塁が残っていたが航空写真を見ているとこのあたりもずいぶん家が建ち並んだ気がする。
東武越生線「東毛呂」下車 徒歩10分
日本城郭大系/新人物往来社・埼玉の古城址/有峰書店新社
2005/05/01・2006/03/30