別 名 越生要害山城
所在地 埼玉県入間郡越生町越生
築城者 越生氏
築城年 鎌倉時代
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 高取山城は要害山とも呼ばれ児玉党越生氏の詰め城と考えられている。家祖である越生新大夫有行の孫有高のときに高取山城が築かれたという。越生氏の居館跡とされる越生神社から続く山であり居館と詰め城としての関係が窺える。室町時代には越生定光という武将が越生郷にいたことが法恩寺に伝わる文書から明らかとなっているが高取山城はこの頃に今に残るような遺構が築かれたのだろう。
登山道 標柱
二の郭跡 主郭跡 主郭跡の土塁
腰曲輪 堀切 西郭跡
 5年ぶりに雪が降りしきる越生町を訪ねた。越生神社から大高取山への登山道を10分ほど登ると奥ノ院へと着く。ここに高取山城の標柱が建ち小さな山城の遺構が残されている。それほど高い山ではなく道も明確なので少々の雪は問題なかった。
 雪の積もる登山道はとても美しかった。主郭の木々も雪化粧が施されてとても幻想的な風景だった。訪れているのは自分しかいなかったのでこの素敵な風景を独占することができた。横堀が見応えを感じる城だが伐採された杉の枝が横堀に投げ込まれていたのが少し残念だった。堀切は図面があったおかげで何とか確認できる程度となっている。ここから大高取山へ続く低山ハイキングコースが続くが今もそこまでは訪れたことがないので一度ぐらいは歩いてみたい。
東武越生線・JR八高線「越生」下車 徒歩30分
埼玉の古城址/有峰書店新社
2005/05/01・2010/02/17