別 名
所在地 埼玉県桶川市加納
築城者 本木氏
築城年 室町時代
廃城年 天正18年(1590)
現 状 宅地・山林
遺 構 土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 桶川市指定史跡
評 価
 武蔵志という江戸時代に編纂された史書にのみ存在が伝えられている城で日本城郭大系などでも城主は不明となっている。戦国時代の岩槻太田氏の家中に鴻巣七騎と呼ばれた武士団がいた。その中に本木氏がおり加納城周辺に今も子孫が多く暮らしている。城の近くにも本木家の墓地があることから加納城は本木氏の居城だった可能性はとても高い。俳優の本木雅弘氏も加納の出身なので末裔の一人なのだろう。
城址碑 土塁 土塁
 10月だが日差しが強かったことを覚えている。桶川駅からバスに乗り菖蒲城を訪ねた日だった。バスの本数は多いが敢えて利用せずに歩きながら途中にある城館へ立ち寄りながらの散歩になった。ほとんど遺構らしい遺構には出会えなかったと記憶しているが、夕暮れ時に訪れた加納城はほんの少しながら遺構が残っていた。
 昭和40年代まで遺構は完全に残っていたが宅地造成でほとんど消滅してしまった。日本城郭大系のモノクロページに発掘中の様子が掲載されているが全容はわからない。現状では主郭南側の土塁と空堀が桶川市の文化財として保存されている。多くの城館が高度成長期の宅地開発で失われたが遺構が保存され石碑も設置されている加納城はまだ恵まれている城であろう。
JR高崎線「桶川」下車 朝日バス「菖蒲車庫」行で「宮の脇」下車 徒歩10分
日本城郭大系/新人物往来社・加納城跡案内板
2014/10/07