別 名
所在地 埼玉県桶川市川田谷
築城者 石井丹後守
築城年 室町時代
廃城年
現 状 宅地・山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 歴史はよくわかっていないが発掘調査の結果では築城年代を14世紀頃と推定しているので新編武蔵風土記稿がいう足立遠元の居城というのは信じがたいが足立氏の本拠地は桶川市にいくつか比定地があるので完全に否定するわけにもいかない。戦国時代には岩槻城の支城として石井丹後守が守っていたと伝わる。埼玉の古城址では永禄3年(1560)に河越城に攻め寄せた上杉謙信が布陣したときの陣城のひとつではないかという見方をしている。
三ツ木城 案内板 土塁
空堀 空堀 櫓台
 石戸城から始まったこの日の城館探訪はとても楽しかったが三ツ木城を探すのに少し手間取った。川田谷にある城山公園に城跡があると思っていたが公園内には案内板があるだけで家族連れが遊ぶのんびりした風景が広がるだけだった。もしかすると遺構は破壊されてしまったのかと思ったが案内板の奥にある雑木林に足を踏み入れると遺構が残っていた。
 おむすびのような三角形をした珍しい形の城だが遺構はよく残っている。主郭には民家があるために堀底しか歩いていないが土塁と空堀はとても綺麗だった。堀底が湿っているので往時は水堀だったのかもしれない。土塁の両端は高まりがあり櫓台となっていたのだろう。規模はとても小さいが満足感の高い城だった。
JR高崎線「桶川」下車 東武バス「川越」行で「川田谷支所」下車 徒歩10分
日本城郭大系/新人物往来社・埼玉の古城址/有峰書店新社
2005/06/18