別 名 幸手陣屋・一色氏館
所在地 埼玉県幸手市中
築城者 一色氏
築城年 室町時代
廃城年
現 状 一色稲荷神社
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 源氏の血を引く名族一色氏の本拠地は三河幡頭郡一色郷である。応永6年(1399)に一色直兼が下総田宮荘へ下向し幸手一色氏の祖となったが実際には直兼の祖父直氏のときに所領を与えられている。室町時代の一色氏は古河公方足利成氏に仕えていたが、文明3年(1471)に山内上杉氏との争いで長尾景信らの軍勢が一色範氏が守る幸手城を攻め落とした。戦国時代になると古河公方は北条氏の支配下に置かれ一色直朝もそれに従った。天正18年(1590)に北条氏が滅びると一色義直は豊臣方に降り、戦後は徳川家康から幸手で五千石を与えられた。江戸時代初期に一色氏は幸手を離れて下総木野崎城へ移住している。
 幸手駅東口から真っ直ぐ歩くと一色稲荷神社へ着いた。境内には案内板が設置されているが遺構は何もない。自宅からも遠く遺構がないことがわかっていても幸手市は手つかずだったので行かなければならなかった。
 幸手駅から一色稲荷神社まではあっという間だった。途中で好物の十万石饅頭を3つばかし買って道中の足しにした。少し離れた場所にある天神神社は幸手城の鬼門ということが案内板に記されていた。住宅街の中を歩くのは退屈だったが名族一色氏の本貫地を歩くのはそれほど苦痛にも思われなかった。
東武伊勢崎線「幸手」下車 徒歩3分
日本城郭大系/新人物往来社・一色稲荷神社案内板
2014/10/16