別 名 久喜館
所在地 埼玉県久喜市本町
築城者 足利政氏
築城年 永正15年(1518)
廃城年
現 状 甘棠院
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 埼玉県指定史跡
評 価
 政氏は足利成氏の嫡男として生まれ2代目の古河公方となった。当初は扇谷上杉氏と連携していたが時流に乗って山内上杉氏と結んだ。関東の争乱期を生きた人で幾多の合戦に臨んでおり永正元年(1504)には武蔵立河原で北条早雲と今川氏親との連合軍とも戦った。永正3年(1506)に嫡子高基と対立し次男義明も政氏のもとから飛び出して小弓御所を名乗るなど不遇な生涯でもあった。高基を擁する重臣の簗田氏らとの抗争に敗れ古河の鴻巣館を立ち退き久喜に居館を構えて隠棲していたが、永正17年(1520)に古河城で高基と面会し和解した。
石碑 甘棠院 空堀
空堀 空堀跡 足利政氏墓
 久喜市の城館は遺構のない場所が多く今ひとつに感じるが足利政氏館跡は今もしっかりした空堀を残している。もう一度あの空堀を見ておきたいと感じて5年ぶりに政氏の晩年の館となった甘棠院へと足を運んだ。途中にある米津氏の陣屋跡にも立ち寄り楽しめたことを覚えている。
 甘棠院を囲む空堀は発掘調査の結果から往時は水堀だったと考えられている。北側は埋められているが案内板が設置されていた。境内に政氏の墓も建っていて散策するのは楽しかった。息子と仲違いし古河の御所を追われ館を構えた政氏だが最後は仲直りができたし愛着のあるこの館で没することができたのは幸せだったと思う。政氏の墓を眺めつつそんなことを考えた。
JR宇都宮線「久喜」下車 大和バス「清久工業団地」行で「甘棠院入口」下車 徒歩5分
日本城郭大系/新人物往来社・埼玉の古城址/有峰書店新社
2004/02/22・2009/12/21