別 名
所在地 埼玉県久喜市菖蒲町新堀
築城者 金田則綱
築城年 康正2年(1456)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 菖蒲城跡あやめ園
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 この素敵な名前を持つ城は康正2年(1456)に近江佐々木氏の末裔金田則綱によって築かれた。古河公方足利成氏に仕えていた則綱は関東管領山内上杉氏への最前線として菖蒲城を居城としているから、可憐な名前とは裏腹に非常に重要な役目を帯びた城だった。金田氏は後に佐々木姓へ復し忍城の成田氏に仕えていたが、天正18年(1590)の北条氏滅亡により廃城となり徳川家康の家臣内藤正成は下栢山に陣屋を構えている。
菖蒲城 城址碑 栢山陣屋の移築門
 菖蒲という美しい地名は奈良時代からあったという。一面に菖蒲の花が咲き誇っていたことが地名の起こりとされる。戦国時代も美しい景観を持った城だったのだろう。花菖蒲が咲くような湿地に浮かぶ城だったために遺構はもう残っていない。城跡は公園となっているが郭の一部だったと思われ周囲の水田より少し高くなっている。
 ありふれた農村の公園という風情だが石碑と案内板が設置されていて栢山陣屋の移築門もあって楽しめた。沼地に浮かび周囲を水田に囲まれているその様子は菖蒲城の姿を想像するのに十分だった。秋に訪れたこともあってたくさんのトンボが飛び交っている。帰りは車が通らない農道を歩いたが嬉しそうについてくるトンボたちを従えて歩くのは楽しかった。
JR高崎線「桶川」下車 朝日バス「菖蒲車庫」行で「新堀」下車 徒歩10分
日本城郭大系/新人物往来社
2014/10/07