別 名
所在地 埼玉県本庄市本庄
築城者 本庄実忠
築城年 弘治2年(1556)
廃城年 慶長17年(1612)
現 状 本庄市役所
遺 構 土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 本庄市指定史跡
評 価
 本庄城は弘治2年(1556)に児玉党庄氏の末裔となる本庄宮内少輔実忠が築いた。永禄10年(1567)に北条氏邦の攻撃により本庄城は落城し実忠は降伏している。天正18年(1590)にその北条氏も滅ぶと徳川家康の家臣小笠原信嶺が1万石で入城するが、慶長17年(1612)に小笠原信之が下総古河へ転封となり本庄城は廃城となる。
城址碑 本庄実忠手植えの欅 土塁
二の丸跡 堀切 本丸跡の土塁
 高校の卒業を控えた冬の日にはじめて本庄城を訪れた。近世の城と違い中世の無名の城を探すのは今とは比べ物にならないぐらい大変だった時代である。インターネットの情報がなく城を扱った書籍も少なかった時代は城の場所を特定するのにも苦労させられた。昭和の終わりに訪れた本庄城はもう城としての体裁を失っていた。城跡に市役所が建設され堀底にまで住宅が建ち並んでいる。5万分の1の道路地図だけを頼りに訪れたが石碑があり嬉しかったことを覚えている。石碑と築城当時に植えられた欅の巨木を撮影して本庄城を立ち去ったがそのときの写真とネガは今も保管してある。
 ざっと四半世紀が過ぎて再び本庄城を訪ねた。時代はフイルムからデジタルカメラへと流れている。早朝から旧岡部町の城館跡を訪ね歩き本庄城へ着いたときにはもう午後2時を過ぎていた。1月の昼下がりでもあり太陽は西へ傾きかけていた。細長い台地上に土塁と堀が断片的に残っている。本庄実忠が植えた欅は立ち枯れてしまっているがその太い幹は本庄城の変遷を見届けてきたのだろう。
JR高崎線「本庄」下車 徒歩10分
日本城郭大系/新人物往来社・埼玉の古城址/有峰書店新社
1986/03/18・2010/01/04