別 名 八幡山城
所在地 埼玉県本庄市児玉町八幡山
築城者 夏目実基
築城年 寛正年間(1460〜66)
廃城年 慶長6年(1601)
現 状 城山公園
遺 構 郭・土塁・空堀・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 埼玉県指定史跡
評 価
 雉岡城は山内上杉氏の家臣夏目実基によって寛正年間(1460〜66)に築かれた。当初は山内上杉氏の居城とするはずだったがやや手狭なために上野平井城を居城として雉岡城はそのまま夏目氏が守将となった。河越夜戦で山内上杉氏の支配領域が大きく後退した後は北条氏邦の支配地となり横地左近が守ったとされる。天正18年(1590)の北条氏滅亡後は徳川家康の家臣松平家清が1万石で入封するが関ヶ原の戦いの翌年に家清は三河吉田城主となり雉岡城は廃城となった。
大手の土塁 大手の水堀跡 南曲輪跡の水堀
南曲輪跡の土塁 本丸跡の土塁 本丸跡の土塁
本丸跡の水堀 馬出跡の空堀 夜泣き石
 八高線を利用しての城跡探訪はとても効率が悪い。それでも車窓から眺める風景は好きだし何よりもゆっくりと時が流れる感覚がいい。2時間の列車待ちを強いられることもあるが時間に追われるという概念が無意味に感じられる。駅の周辺を散歩したりするうちに何となく時間は過ぎてゆく。
 児玉町の城跡を訪ねたとき真っ先に立ち寄ったのが雉岡城だった。関東では知られた城跡で何より駅から近いのも魅力である。古くから埼玉県の史跡となったが学校建設によって城跡の大半が失われたのは残念に思う。残る遺構は全体の3割にも満たないが土塁の規模は往時を彷彿とさせてくれるし水堀がとても美しい城跡だった。すべてがそのまま残っていたらどんなに見事だったろう。つくづく惜しいことをしたと思う。
JR八高線「児玉」下車 徒歩10分
日本城郭大系/新人物往来社・埼玉の古城址/有峰書店新社
2007/10/05・2012/02/18