別 名 吉田ノ楯
所在地 埼玉県秩父市吉田久長
築城者 久長但馬守
築城年 戦国時代
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 吉田龍ヶ谷城は永禄12年(1569)に武田軍の侵攻を知った阿左美伊勢守氏が情報を伝達した吉田ノ楯であるとされる。城主の久長但馬守もやはり土地の名前を名乗っているから地侍なのだろう。
吉田龍ヶ谷城 虎口 堀切
堀切 主郭跡 堀切
二の郭跡の土塁 二の郭跡の土塁 堀切
 武田軍の侵攻は秩父の土豪たちにとっては震撼するような事態だったと思う。北条氏に従った土豪たちは最前線に配置されていたので、常に武田氏と上杉氏の脅威に晒されていたのだから胃が痛くなるような毎日を過ごしていたのだろうと思う。そんな緊張感を持つ勢力圏の境目の山城を見たくなり友人たちと訪れた。
 吉田龍ヶ谷城は未完成の城とか途中で放棄された城と言われる。確かに郭の削平は甘く粗雑な感じは否めないが土豪の築いた城としては十分な備えがされていると感じた。秩父地方の伝承に残る吉田ノ楯に比定される山城だが完成された城とも思えず、また周囲の山々よりも低く特に眺望が利くわけでもないこの城がこの地域の有力拠点だったとはとても思えない。個人的には吉田ノ楯は秩父氏の居館だった鶴ヶ窪城を指すのではないかと思う。
 この日はとにかく寒かった。友人たちと待ち合わせをした龍勢会館付近の朝の気温は氷点下を下回る。寺山砦から吉田龍ヶ谷城へと立て続けに山城へ登ったが耳がちぎれるような寒い日だったことを覚えている。それでも吉田龍ヶ谷城に登った頃は陽射しもあり少しは寒さも和らいだ時間だったようで画像を見ても柔らかな光が差していることがわかる。
西武秩父線「西武秩父」下車 西武バス「吉田元気村」行で「白砂公園」下車 徒歩30分
中世吉田町の城/吉田町教育委員会・秩父路の古城址/有峰書店新社
2008/02/17