別 名 寺岡山城
所在地 埼玉県秩父郡東秩父村御堂
築城者 上田氏
築城年 室町時代
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 東秩父村指定史跡
評 価
 大河原郷は丹党大河原氏の拠点だが戦国時代に松山城主となった上田氏が古くから治めた土地でもある。安戸城も扇谷上杉氏の家老上田左衛門尉が築いたとされているから室町時代に築かれたということだろう。上田氏が松山城を居城とした時代には再び大河原氏が安戸城に拠ったと新編武蔵風土記稿は記している。
安戸城 麓の湧水地 井戸
登山道 主郭跡 腰曲輪
 小川町の腰越城を訪れたときあとは東秩父村の安戸城を目指すことにした。腰越城から30分程度だったと思うが歩いている途中でも城山が見えているので訪れるのは楽だった。地図に林道の表示があるので城山保育園の脇から藪をかき分けて登ったが途中から道は藪にかき消されて結局は直登する羽目になった。もう使われていない道だったのだがとにかくこの道が最短距離なので我慢して登った。ところどころに泥濘や小さな池があり湧水は豊富な感じを受けた。そうこうしているうちに衣服にはびっしりと種子が密着し麓では保育園にいる親子連れと保育士が自分のほうを見ている。どう見ても不審者だがただの不審者と違うのは藪の中で悪戦苦闘していることだろう。
 やっとの思いで藪を抜けると比較的快適な尾根道が伸びていた。針葉樹林を越えると再び藪になり抜け出すと安戸城の標柱が見えた。比高差も距離もそれほどなかったと思うがここまでは苦労した。遺構も平場があるだけで竪堀や堀切は生い茂るシダに隠れて確認できない。長居をしてもつまらない城なのですぐに下山したが麓の湧水池では小さくて真っ赤なハッチョウトンボが飛んでいた。
JR八高線・東武東上線「小川町」下車 イーグルバス「白石車庫」行で「寺岡」下車 徒歩25分
日本城郭大系/新人物往来社・秩父路の古城址/有峰書店新社
2005/11/12