別 名
所在地 埼玉県秩父郡東秩父村安戸
築城者 山田直定
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 宅地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 山田氏の屋敷は戦国時代に山田伊賀守直定が構えたというが腰越城は鎌倉時代には山田氏の居城として存在していたという。その伝承を信じるならば屋敷も平安時代末期に山田伊勢守清義が構えていなければならず相当古くからこの地に根差した武士だと思う。
 小川町にある腰越城の主郭にはパノラマ写真を使った解説板がある。そこに山田氏屋敷の位置が記されていた。同じ日に安戸城と大河原氏館と併せて訪ねてみようと思い東秩父村へと歩いた。ここを訪ねてから15年後に加筆しているが当時は車もまだそれほど走っておらずのんびりと歩くことができた。平日の昼間でもひっきりなしに車が行き交うようになったが、あの人たちはいったい何で生計を立てて昼間から何をしているのだろうと不思議に思う。
 安戸城への登りが思ったよりもきつくてかなり消耗したが他の城館跡は苦労もなく訪れることができた。山田屋敷の周辺を歩いたが案内板があるわけでもなく遺構も失われているようで特に印象は残っていない。
JR八高線・東武東上線「小川町」下車 イーグルバス「白石車庫」行で「天神前」下車 徒歩15分
日本城郭大系/新人物往来社・埼玉の中世城館跡/埼玉県立歴史資料館
2005/11/12