別 名
所在地 埼玉県越谷市大成町
築城者 大相模能高
築城年 鎌倉時代
廃城年
現 状 宅地
遺 構 土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 野与党の大相模氏が構えた館跡である。江戸時代に大相模氏の末裔は中村と改姓し現在も子孫が居住している。
 越谷市の城館探訪では大相模次郎能高の居館跡を訪ねることができた。是東忍領の石碑が土塁の上に建つが周囲の土地の高さと大差がないのでほとんどわからない。水堀跡は用水路になり痕跡をたどることも難しかった。何となくだが雰囲気は感じられる場所だったので自分としては楽しかった。
JR武蔵野線「越谷レイクタウン」下車 徒歩20分
日本城郭大系/新人物往来社
2015/10/08