別 名
所在地 埼玉県北本市本宿
築城者
築城年
廃城年
現 状 宅地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 歴史は詳らかになっていないが周辺に点在する城館跡の多くがそうであるように、戦国時代の岩槻太田氏に仕えた武士の居館という可能性が高いと思う。
 久しぶりに訪れた北本市の城館探訪は八幡館が最後となった。当初の予定では中山道沿いに南下して北上尾駅から高崎線に乗車する予定だったが、昼ぐらいから陽射しが差し込み思いのほか蒸し暑くなったため八幡館で予定を切り上げ北本駅へと戻った。気温も高くなったが体感温度が高かった。夏空の強い陽射しを浴びて滝のように汗が流れるのは水分補給と帽子を被るなどの対策で対処できるのだが、この日のように曇りがちで湿度が高くじっとりと汗ばむような暑さは苦手である。帰宅途中に案の定で軽い熱中症に見舞われてしまい自宅に戻ってからすぐに水でシャワーを浴びてしばらくは扇風機の前から動けなかった。
 八幡館についてはご覧のような有り様で宅地が建ち並んでしまっている。わずかながら館跡らしさを求めるとするならこの鉤型に折れ曲がる道ぐらいだった。
JR高崎線「北本」下車 徒歩20分
北本市史
2019/07/02