別 名 入間川御陣・入間川城
所在地 埼玉県狭山市入間川
築城者 足利基氏
築城年 正平8年/文和2年(1353)
廃城年 正平17年/康安2年(1362)
現 状 徳林寺付近
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 足利基氏は室町幕府を開いた足利尊氏の四男として生まれ、最初の鎌倉公方として関東へ赴任した武将である。観応の擾乱で高師直が粛清された後に尊氏は実弟の直義を殺害し幕府の支配体制は強固なものとなったが、直義に属していたために追放された上杉憲顕や新田氏の残党を中心とした南朝勢力の力は侮りがたく、基氏は入間川と鎌倉街道が交わる場所に陣所を構えて9年に亘り在陣した。
天満天神社付近の段丘 徳林寺背後の段丘 入間川
 足利基氏が足かけ9年に亘り在陣した陣城だが正確な場所は不明となっている。これだけ長く在陣していれば簡素な陣城ではなく堅固な構えを備えた城が築かれたと思うが、南北朝時代の城ということを考えると堀を廻らせて柵を置いた程度の城だったのかもしれない。そう考えれば跡形も残らないのは無理もないと思う。
 有力な推定地となるのが徳林寺であるが境内を散策しても入間川御所については何も触れられてはいない。狭山八幡神社なども推定地のひとつに挙げられるが、多くの大名が軍勢を引き連れて野営した場所なので広範囲に展開していたものと思われる。どうしても気になって20年ぶりに再訪してみたのだが、やはり前回と同じく確証を与えてくれるようなものはなかった。ただ天満天神社付近や徳林寺背後の段丘は見事なもので多少ながらも往時の姿を見られたような気にもなった。
西武新宿線「狭山市」下車 徒歩15分
埼玉の城址30選/埼玉新聞社
2001/09/18・2021/01/01